管理栄養士と循環器専門医に聞いた!心臓に悪い食べ物40選

4607
- 広告 -

脂肪分の多いハンバーガーやフライドポテトを頻繁に食べている人がいると、多くの人が「健康は食べ物で決まる」という言葉を口にします。しかし、この言葉の本当の意味を理解している人は多くありません。実際には、食事の内容が心臓の健康を左右するのです。心臓に良い食べ物には、心臓病のリスクを減らすのに役立つ栄養素が含まれています。血液中の中性脂肪やLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)を低下させるとともに、血圧を下げ、インスリン感受性を高める働きがあるからです。そうはいっても、もちろん心臓に悪い食べ物もあります。ここでは、心臓の健康のために摂取すべきではない食品を一挙ご紹介します!ぜひチェックしてみてくださいね。

加工肉

専門家によると、様々な理由から加工食品は避けるべきだと言われています。多くのプロの栄養士は、脂肪分の少ない加工された生肉にも硝酸ナトリウムが含まれており、体内の炎症を促進する可能性がある、と指摘しています。こうした慢性的な炎症は、動脈硬化を促進することで知られています。

advertisement

- 広告 -